名古屋市瑞穂区・新瑞橋駅から徒歩2分 さんわ鍼灸治療院

052-846-5597

定休:日曜日・祝日

052-846-5597

営業時間 10:00〜21:00  △土曜日は17:00まで、19時以降は予約制

予約はお電話
にて受付

きっかけ・思い

鍼灸師になったきっかけや鍼灸に対する思いです。

就職で知らない世界に飛び込む

原生林大学卒業後名古屋に戻り、実家が介護の仕事をしていたので介護の仕事につきました。

大学では森林について学んでいました。森や川、野生の動物が相手だったので、今までやったことのない介護の仕事で、お年寄りのお世話をすることにの戸惑いを感じました。お年寄りの体の触り方や何を話していいのか分からず、かなりぎこちなく、迷惑をかけていたと思います。

それでもしばらく続けていくうちに、お年寄りとの接し方やこうしたら痛くないだろうなという体の動かし方もわかってきて、お年寄りやその家族にありがとうと感謝されるようになりました。

おばあさんと鍼灸

お年寄り♀介護の仕事にも慣れまわりを見る余裕が出てきたころに、ふと思いました。50代で介護が必要な人もいれば100歳近くても自分一人でちゃんと生活している人がいる、なんでだろうなと。

そこで、施設で出会った98歳のおばあさんの家族に健康の秘訣を聞きました。すると、このおばあさんは去年まで一人暮らしをしていて家事や買い物など自分のことは全部自分でしていた事、そして若いころから健康のために鍼灸を受けていて今まで大きな病気をしたことがないという事を教えてもらいました。他にも健康で長生きしているお年寄りで鍼灸をしていたという話を何人かに聞きました。

そんな話を色々聞いているうちに、鍼灸ってすごいんだな、鍼灸で人の役に立ちたいなと思うようになりました。

学校へ。そして大阪へ

たこ焼き鍼灸をしたいとの思いが抑えられず、とうとう鍼灸専門学校に通うことにしました。昼間は介護の仕事をしながら夜間の専門学校で勉強をするという生活を3年間続け国家試験にも何とか合格し、晴れて鍼灸師になりました。

鍼灸をするなら鍼灸の本場である大阪でいろいろ学びたいと思い、大阪で就職しました。大阪では色々苦労しましたが、どんな話も落ちがないと綺麗に終わらない大阪独特のお笑いのような日常には本当に苦労しました。

さらに東洋医学についてしっかり勉強したいと思い、東洋はり医学会という伝統的な鍼灸をする会に入りました。

東洋はり医学会

東洋はり医学会の看板東洋はり医学会は、伝統の東洋医学を学び、日本古来の技を伝える、日本でも数少ない鍼灸の会です。ベテランの先生から鍼灸学校の学生まで様々な人たちが集まり日々研鑽しています。ささない鍼や熱くない灸、手首の脈で体全体の状態を知る脈診など、この会で学んだ色々な事が私の鍼灸の基礎になっています。全国に支部があり会員数も多く、症例も豊富なので日々の臨床の助けにもなっています。

私がこの会に入ったきっかけは、大阪で働きだしてすぐ風邪を引いたときに治療に行った鍼灸院の先生が、会の指導講師だったことです。色々話を聞いていて、体質を改善して病気になりにくい体になるという考え方や、薬に頼らないで自分の回復力で治す事など、自分の目指していた「健康に長生き」ということと結びついて、これだ!と思いすぐに入会しました。技術的に難しいことが多く最初はうまくいかないことが多かったですが、人を治せる喜びを知ることができました。今でも技術のさらなる向上を目指して毎月1回大阪に行き、研鑽に励んでいます。

健康に長生き

健康で元気な写真介護の仕事時代に、寝たきりで体に管をたくさんつないでいるお年寄りをたくさん見てきました。声をかけても何の反応もありませんでした。そんな時は何とも言えない、やるせない思いでいっぱいになりました。

やっぱり健康が一番です。健康に長生き、私達の鍼灸はこれを実現できると信じて頑張っています。

お体にお悩みのある方はぜひお越しください。必ず助けになることができます。ご来院心よりお待ちしています。

お知らせ