BLOGブログ

2021年07月24日

口内炎にはここが効く

ブログ

先日インターネットのセキュリティ関係の営業の人が来ました。

 

話がひと段落しどこか体の調子が悪いところはないか聞いてみたところ、口内炎が痛いとのことでした。

もともと口内炎ができやすく、疲れがたまっている時などいくつもできてご飯が食べられないほど痛いそうです。

この日も少し疲れがたまっていて、2つできていてそのうちの1つがとても痛いとのこと。

 

そこで口内炎の治療を行うことにしました。

ベテランの鍼灸師に以前聞いた、口内炎にとてもよく効く治療法を行いました。

 



指先から少量の血を取っているところ

 

 

井穴刺絡(せいけつしらく)という治療法で、指先のツボから少しだけ血を取る治療法です。

鍼が怖い方や自分で家でやってもらう時はお灸でも効果があります。

ツボの名前は少沢(しょうたく)で、小腸経という経絡にあります。

 

小腸経はいぼや口内炎、ガングリオンなどのできものに関係している経絡です。

名前の通り小腸にも関係しています。

 

口から始まり肛門まで続く消化器は疲労が出やすいところで、疲労が小腸に出やすい人は口内炎ができやすいです。

 

この営業の患者さんは、血を取った直後から痛みが消えて驚かれていました。

さらに溜まった疲労を取り除き体を回復させる経絡治療を行うとよかったのですが、次の営業の時間が迫っているとの事で今回は血を取る刺絡治療のみで終わりました。

 

3日後にちょっとした用事でもう一度来てもらったのですが、その時にはすっかり治っていて口内炎の事も忘れていたみたいでした。

 

刺絡治療はいろいろな疾患にとても効果のある治療法です。

これまでもちょこちょこ紹介してきましたが、これからも紹介して行けたらなと思っています。

詳しく知りたい方はご連絡ください。
SHARE
シェアする
[addtoany]

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

052-846-5597