BLOGブログ

2021年07月09日

夏バテと鍼灸治療

ブログ

夏が近づいて来ました。

今年は梅雨入りが早く、じめっとした蒸し暑い気候が続いていますね。

気温も高い日が多くなってきて、

また今年はマスク生活がまだ続くため、

余計に暑く感じやすく、過ごしにくく感じている方も多いと思います。

 

そして、もうすでに

「夏バテ」に悩まれてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。



夏バテと言うと、

「食欲がない」「身体がだるい」「疲れやすい」「集中力がない」などなど、、、

人それぞれ症状は様々ですが、なぜ夏になるとこのような症状が起きるのでしょう。

 

夏バテの原因として一番大きく考えられるのは

「体温の変化」です。

人間の平均体温は36~37℃です。この平熱の状態が最もスムーズに活動ができます。

しかし、急に気温が上がり、汗をかくようになると、

体内に存在するミネラル分も一緒に体外に流れてしまいます。

そのため、身体に必要なミネラル分が大量に失われ、体調のバランスが崩れてしまい疲労感を感じやすくなっているのです。

 

また、外気が暑いことによって、

室内の冷房を低く設定すぎてしまうなんてことは、ありますよね。

身体は汗をかいたり血管を広げたりして体温を外に逃がして体温調節をしますが、

冷房が効きすぎていたり、暑い屋外と涼しい室内との気温差で

自律神経が対応できなくなり、体温調節ができなくなってしまいます。

 

東洋医学では夏バテのタイプは3つあります。

 

気虚(ききょ)…夏バテといわれる症状はおもにこのタイプです。

        暑さで気が消耗され、食欲低下や身体のだるさなどの症状にいたります。

 

陰虚(いんきょ)…身体のマイナスのエネルギーが足りなくなっていることをいいます。

         大量の汗をかいて、脱水症状に近い状態です。

         イライラしたり不眠症、頭痛などの症状にいたります。

 

陽虚(ようきょ)…身体のプラスのエネルギーが足りなくなっていることをいいます。

         冷房の効きすぎで新陳代謝が悪くなり、

         主に冷え性やむくみ、腹痛の症状にいたります。

 

夏バテの症状にはそれぞれ原因があります。

応対方としては、まずは規則正しい生活や栄養バランスを整えた食事を

再度意識して生活することが大前提として大切です。

 

夏バテで体が弱った時に効果のあるツボを紹介します。

 

「足三里(あしさんり)」


膝のすぐ下でスネの外側にあるツボです。

胃を整えるツボで、夏バテで食欲がない時に効果的です。

食欲を回復させてエネルギーをしっかり取れるようにします。

 

「中脘(ちゅうかん)」



おへそとみぞおちの真ん中にあるツボです。

足三里と同様に胃を整えるツボです。

お灸で温めると気持ちが良いです。

 

「湧泉(ゆうせん)」



足の裏にあるツボです。

体を温める効果のあるツボです。

エアコンで冷えてしまった時や寝冷えでおなかを壊したときなどに使います。

 

 

鍼灸医療では、

夏バテの症状に対する治療だけでなく、

事前のカウンセリングをしっかりと行い、

その人それぞれの生活習慣や体質などを基に治療をしていきます。

今身体に起きている症状の改善、

今後起きるかもしれない症状の予防も含めて

早めに対策をして、心地よい生活を送れるよう心がけましょう。

 
SHARE
シェアする
[addtoany]

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

052-846-5597