BLOGブログ

2021年05月07日

骨折を早く治す治療

ブログ

転んでろっ骨を折った患者さんです。

1週間前に前のめりに転び肋骨を打ち、2~3日たっても痛みが引かないため整形外科へ行ってレントゲンを撮ったら折れていたそうです。

寝た状態から起きようとすると痛みが走るような状態でした。

 

骨折は基本的には日にち薬で、時間をかけて治すものです。

鍼灸で痛みをある程度取ることはできますが、完治させるには本人の回復力次第になってしまいます。

そこで今回は回復を早くするために刺絡(しらく)治療という特殊な治療法を行いました。



骨折部位をハリで軽く出血させ吸い玉で血を吸っているところ

 

東洋医学では溜まっている血を瘀血(おけつ)と言い、循環を妨げ自然治癒力を低下させてしまいます。

さらに瘀血は色々な症状の原因ともなります。

痛みの激しいものや急性症状、なかなか治らないケガなども瘀血が関係しています。

その瘀血を直接取り除く治療を刺絡治療と言います。

 

今回は痛みを取り除くことと、血流を良くし回復力を高めるために刺絡治療で瘀血を取り除きました。

刺絡治療で痛みが残っていたので経絡を調整する治療も行い、治療後には痛みはなくなりベッドからすっと起き上がれるようになりました。

 

痛みはなくなり回復力も高まっているのですが、骨が完全に治っているわけではないので、1週間はなるべく負担をかけないように伝えて治療を終えました。

 

刺絡治療は捻挫や初期のへバーデン結節、ヘルニアなど関節の疾患には特に効果があります。

いつでも当院にご相談下さい。
SHARE
シェアする
[addtoany]

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

052-846-5597