BLOGブログ

2021年01月18日

ツボとは

ブログ

スタッフの写真
鍼灸や東洋医学と聞くとまず最初にツボを思い浮かべると思います。
一般的に言うツボはいろいろな意味で使われますが、ここでは鍼灸治療におけるツボの説明をします。

ツボにはいくつか種類があります。
1、東洋医学における経穴のこと
腰に効くツボ(委中)とか、生理痛に効くツボ(三陰交)など。

2、筋肉にできるコリ
腰痛の腰を揉んだときや肩こりの肩を揉んだときの、押されると痛きもちいい所。

3、武道における急所
みぞおちやこめかみ、経絡秘孔など。

その他物事のコツや要点をツボと言ったりもします。

鍼灸治療におけるツボは経穴の事で経絡上にあらわれます。
皮膚が軟弱でへこんでいたり、固く盛り上がったりしています。
経絡とは気血水の通り道の事です。
体中を巡っているためどこかが詰まると全体に影響が出て、体のあらゆる不調につながります。

経穴(ツボ)は経絡の異常を教えてくれる反応点であり、また治療点でもあります。
なので経穴(ツボ)を治療すると経絡の詰まりが取れ、気血水が正常に巡るようになります。

経穴(ツボ)の数は時代や国によって前後するものの、体全体で700以上あります。
それぞれ与える影響や範囲が違うので、その時の症状やその人の体質などに合わせて使い分けます。

代表的な経穴(ツボ)
・肩こり➡合谷
・胃の症状➡足三里
・腰痛➡委中
・生理に関連する症状➡三陰交
SHARE
シェアする
[addtoany]

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

052-846-5597