BLOGブログ

2020年09月02日

治療の流れ

ブログ

スタッフの写真
当院の治療の流れです。

1、問診で様々なことをお聞きします。
治してほしい症状を具体的にお聞きします。例えば膝の痛みなら、どんな動作の時に痛いのか、いつから痛いのか、以前膝にけがをしたことがあるのかなど、詳しくお聞きします。
その後、患者様の体質や体の状態を知るために、過去のケガや病気、睡眠や食事などの生活状況、運動や便通などの状況をお聞きします。

2、実際に動かしたり触ったりします。
痛みがある場合は、自分で動かしてもらったり、こちらで動かしたりして確認します。
しびれがある場合には、しびれる所を触って確認し、場合によっては首や腰の神経の簡単な検査も行います。
自律神経症状の場合には、首や頭の状態を確認します。

3、体の状態を知るために、お腹や脈・ツボをみます。
内臓やストレスの状態を知るために、おなかの硬さや張り具合などを確認します。
また脈診という独特の技術で手首の脈から体の状態を把握します。
さらにツボの状態(主に手足のツボ)も確認します。

4、上記1・2・3を合わせて治療方針を決め実際に治療を行っていきます。
治療中にも動かしたり触ったりして、体の様子をみながら進めていきます。
脈やお腹には体の状態が反映されるため、特に脈やお腹をよくみます。

5、最後に脈をみて体の状態を確認してから、症状の確認をします。
その場で症状が軽くなる方もいれば、2~3日後に調子よくなる方もいます。

初回はどうしても長くなってしまい、1時間半ほどかかることもよくあります。2回目以降は症状に大きな変化がなければ30分~1時間で終わります。
また、ぎっくり腰など強い痛みのある場合はとりあえず痛みを取るため、いきなり治療に入ることもあります。
SHARE
シェアする
[addtoany]

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

052-846-5597