〒467-0066  愛知県名古屋市瑞穂区洲山町1-15-13 鵜飼ビル2F
地下鉄新瑞橋駅徒歩2分 駐車場:2台

平日
10:00~19:00
土曜
10:00~13:00
定休日
日曜、祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください

052-846-5597

手の症状

肘の痛み

前腕(手と肘の間の部分)には尺骨と橈骨という2本の骨があります。この2本の骨は交差するように回転し手首を回します。肘の関節には曲げ伸ばしと回転の2種類の仕組みがあります。回転するおかげで、いろいろな角度で手が自由に使えますが、関節が複雑に動く分負担がかかりやすく痛みが出る原因になります。

・テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニスでバックハンドでボールを打つ時やぞうきんを絞る際に肘の外側に痛みが出ます。手を下に垂らして手のひらを前に向けた時の親指側(外側)の筋肉が原因です。この筋肉は上腕骨外側上顆(肘の痛みの出るあたり)から手に伸びている長い筋肉で、肘を伸ばしたり手首を外側に返すために働きます。バックハンドでのインパクトの瞬間のように肘を伸ばして手首を返そうと力を入れている時に強い衝撃を受けると筋肉や肘関節に負担がかかります。この状態でバックハンドを繰り返すと痛みが出はじめ、慢性化してテニス肘になります。原因は使い痛みなので、使わない方が治療の経過はよいです。

・ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)

ゴルフやテニスでフォアハンドでボールを打つ時に肘の内側が痛みます。手を下に垂らして手のひらを前に向けた時の小指側(外側)の筋肉が原因です。この筋肉は上腕骨内側上顆(肘の痛みの出るあたり)から手に伸びている長い筋肉で、肘を曲げたり手首を内側に返すために働きます。ゴルフやテニスでフォアハンドでのインパクトの瞬間のように手首を返そうと力を入れている時に強い衝撃を受けると筋肉や肘関節に負担がかかり痛みが出ます。この状態でゴルフやフォアハンドを繰り返すと痛みが慢性化しゴルフ肘になります。これもテニス肘同様使わない方が治療の経過が良いです。

肘や手首を治療する際のツボは背中や首にもあるのですが、これは筋膜や経絡のつながりによるものです。ですので痛みのある患部だけではなく手から肩首・背部までを一体として考えて治療していきます。

東洋医学

テニス肘やゴルフ肘は筋肉の問題なので五臓(肝心脾肺腎)でいうと肝が大きくかかわります。ですので肝を中心に経絡治療を行います。また関節に問題がある場合は脾が関係します。

気血の通り道である経絡は手に6本あり痛みの出る経絡を治療するのですが、肘は内側の痛みも外側の痛みも少陽三焦経の治療を行います。

上肢の症状は背中や首肩にも反応が出るので、上肢全体を一体として治療を行います。

脈診について

当院では脈診を大事にしています。

脈診とは手首の脈をみて体の状態を把握する、東洋医学独特の診断方法です。西洋医学では脈は脈拍が早いか遅いか、回数を計測するぐらいですが、東洋医学では脈診によってさまざまなことが分かります。

脈診では次の事が分かります。

・五臓六腑の状態

・経絡の状態

・気血の状態

脈からこれらの事を読み取り東洋医学的に体の状態を診断します。

また脈は変化が早いので、正しいツボが使えているかどうか、治療が上手くいっているのかどうかも脈診で判断することができます。正しいツボなら脈は良くなり間違ったツボだと脈は悪くなります。

良い脈というのは体が無理をしていなくて状態が良いことを表し、自然治癒力が高まっています。悪い脈というのは体の状態が悪くどこかに異常があるという事です。

自律神経を整えたり、痛みやしびれなどの症状を取ることが鍼灸治療の目的ですが、経絡治療ではよい脈を作ることも大事な目標になります。

治療前に体の状態を把握するために脈をみて、治療中はツボや刺激量を確認するために脈をみて、治療の最後に全体の治療が上手くいったか脈をみます。

五臓六腑や経絡を整える経絡治療では、脈診はなくてはならないものです。

脈診で始まり脈診で終わる、当院の大きな特徴です。

東洋医学について

東洋医学では独特の考え方や言葉があり、現代の人には分かりにくいものです。そこで東洋医学に出てくる代表的な言葉を分かりやすく解説します。

・五臓六腑(ごぞうろっぷ)

内臓の事です。五臓は【肝・心・脾・肺・腎】の5つ、六腑は【胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦】で6つあります。東洋医学では人の体は五臓六腑が中心となって生命活動を営んでいると考えるため、とても重視します。また、西洋医学では精神活動は脳が行いますが、東洋医学では精神や魂は五臓六腑に宿ると考えるので、心の病も五臓六腑を整える事で治療します。

・脾について

五臓の中の脾は西洋医学の脾臓ではなく消化器系の機能の事を言います。脾が弱ってくると下痢や便秘になりやすいです。また、体質的に脾が弱いと痩せ型だったり太りにくかったりします。

・気血水(きけつすい)

体を循環し体の必要な栄養などを運んだり、体を温めたりする物の事で、血は血液、水は汗や唾液などの液体のことです。

気は形なく見えないけれど影響を与える物です。東洋医学は気の医学と言われるぐらい気を大事にします。ささないハリは気にアプローチするので、ささずに効果を出すことができます。

・経絡(けいらく)

五臓六腑と全身を繋ぐ道の事で、経絡を通って気血水が全身に運ばれます。経絡によって全身がつながっているため、離れたツボで治療することができます。

・経穴(けいけつ)

経絡治療ではツボの事を経穴と言い全身に800以上あります。体の異常は経穴に表れます。また経穴に刺激を与えることで体を治すので、経穴は診断点であり治療点でもあります。経穴は経絡上に表れる反応点の事を言いうので、耳つぼや足つぼは経穴には含まれません。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
052-846-5597

時間:
【平日】
10:00~19:00
【土曜】
10:00~13:00
定休日:日曜・祝日

さんわ鍼灸治療院

住所

〒467-0066
愛知県名古屋市瑞穂区洲山町1-15-13 鵜飼ビル2F

アクセス

地下鉄新瑞橋駅徒歩2分
駐車場:2台

受付時間

【平日】
10:00~19:00(19時以降はご相談ください)
【土曜】
10:00~13:00(13時以降はご相談ください)

定休日

日曜・祝日